投資家エリア

内部監査組織

内部監査組織

1. 当社の内部監査部門は、取締役会直轄の監査監督者を置く独立部門とする。

2. 監査役は、監査業務に抵触し、又は制約する職を兼任せず、独立性、客観性及び公平性の精神をもって職務を遂行し、監査業務を定期的に監査委員会及び取締役会に報告することができるものとする。

3. 監査監督者は、業務上の必要性に応じて、内部監査人を動員して当社及び子会社の内部監査業務を処理することができる。

内部監査責任者

1. 監査計画の実施 当社の内部監査部門は、毎年末までに取締役会で翌年度の監査計画を採択し、リスクの特定および関連法令に従って策定された計画に従って監査業務を実施し、必要に応じてプロジェクト監査業務を実施して、内部統制機能の運用状況に関する情報を経営陣レベルに提供し、改善提案を提出し、関連部門の改善提案の実施を追跡します。

2. 内部統制自己評価業務の監督 監査ユニットは、毎年、各子会社および各ユニットが内部統制自己評価業務を実施するよう定期的に監督し、各ユニットの自己評価報告書をレビューし、自己評価結果を統合して取締役会に提出し、内部統制声明の発行の参考としています。 3. 子会社の監督 各子会社の内部統制システムの実施を支援および監督し、各子会社を内部監査の範囲に含め、改善状況を追跡し、各子会社の内部統制自己評価の結果を確認します。