M&Aのメリットは来年第1四半期に現れ、次の買収計画の波が来る可能性は否定できません